スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2019の投稿を表示しています

挑戦し続ける人 Vol.2

もうこれしかタイトルが思い浮かばず、2月に引き続きvol.2とさせていただきました。

11月28日東京国際フォーラムにて、ジュリー(沢田研二さん)の2019年ツアー千秋楽が無事に終了しました。
ファン8年目の私、勿論行かない理由は無く、クラスを終えて開演ギリギリ駆け込みセーフ。
会場全体を見回すと2階最後列の端の端までびっしり満員御礼、私のお席はハイ、定番の2階席です。

千秋楽ともあって、1曲目からジュリーもファンも、いつも以上にテンションUP。途中、衣裳の上着を脱いでは客席から「キャ~!」胸ボタンを外しては「キャ~!」70を過ぎたじいちゃん、いやジュリーはすっきりお痩せになって(言い過ぎ?)、ジュリーっぽい(本人だってば)近年稀にみるカッコイイ系の衣裳、確実に若返ってます。

前のツアーと同様に、今回も休憩無しで2時間、20曲近くをエレキギター1本の演奏で歌っています。客席はオールスタンディング!
ステージ上をどんなに走り回っても飛び上がっても、歌っている時は一つも息を切らさず・・は、以前から変わらず。見慣れてそれが当たり前になってしまっているのですが、よくよく考えたら凄いことで、だって70過ぎのじいちゃんがですよ?日頃どれだけ体作ってるんですかー!。

いつも予測不能な程私達を驚かすジュリー、ええもう今回もありました;
アンコール前のMCで急遽、新譜用に客席のコーラスをレコーディング。50人すら合わせるのが大変なのに、その場で5,000人もの声を揃える?えっ裏拍子も?!無茶な。

さすがに最初はバラバラで「もう1回!」、何度も繰り返しイメージに近付けるのに「もう1回!」と、ダメ出しが続いて、やっとOKが出るまでに何回繰り返したか分からない位。
その時は懸命になってて気付きませんでしたが、ジュリーの指導&指揮。こんな嬉しい時間は二度とありません。もう何時間でもやりますって。
果たして仕上がりはどうなりますやら?来年3月の新譜の発売が楽しみです。

そして何か企みがあるらしく、その影響で来年のツアーは今年の半分位の回数になるとのこと。
「えーー!!!」と会場中の叫びに対し、
「テレビに出てなくてもお声がかかるの♪」
と嬉しそうに話されました。

ステージを半分にしても受けたいオファーって・・?
それが何かはまだ内緒。私達も知りません。
数か月後には、ビックリ!!という文字が…