スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

自分も歳をとったのよ・・シローさん訃報

今週は3連休をいただいて、今日はその最終日。
連日スタジオに籠って作業をしている時点で休んでいるうちに入らないのですが、そこは自営業の宿命です。でも会社の休日出勤とは違って義務感が無い分気持ちが楽で、多少気分転換にさえなっています。(本当か?)

予定だと雑務がほぼ片付き久々にゆっくり夕飯を、などと思っていたのが間違いで、進捗度はやっと半分位。あぁ貴重な連休が終わってしまう・・って、そもそも休んでないし;(独り突っ込み)
そうなんです、ザ・タイガースの岸部四郎(シロー)さんの訃報が昨日報じられ、ショックもショックで、もうガックリ。。こういう時って筋力もガタ落ち、筋トレにもならんのです。

私達の世代は、シローさんといえばドラマ『西遊記』の沙悟浄という印象です。
堺正章さんが孫悟空で、西田敏行さんが猪八戒、そして三蔵法師に夏目雅子さんという配役。主題歌はゴダイゴのモンキーマジック、ガンダーラ。
ゴダイゴといえば、ギターの浅野さんも先般亡くなり、この時も相当ガックリしましたが・・

西遊記から数年後の1982年、歌番組でジュリーと一緒に沙悟浄・シローさん、それと知らないお兄さん達(?)の5人組グループが歌っていた「色つきの女でいてくれよ」がヒットして、曲はとてもよく知っているのに、そのグループがザ・タイガースだということを知らなくて、何でジュリーと沙悟浄が一緒に歌っているのか謎でした。
母がテレビを見ながら「再結成したんだってねぇ」と言っていたのを聞いて「へー。。」(タイガースにはほとんど興味無し;)といった会話をしていたのを今でも覚えています。

7年前の東京ドームでの再結成コンサート千秋楽、シローさんが車椅子で歌った「イエスタディ」では、メンバーがシローさんを見守るように取り囲み、私も一つも聴き逃すまいと息をのんで聴いてました。弱弱しそうでいて、でも音も調子も一つも外さずに歌われました。東京ドームのあの広い会場で、イヤホン無しということも付け加えておきます。当日の為に、どれだけ特訓されたことでしょう。
歌い終わって捌ける途中でのシローさんのガッツポーズに、もう涙がホロホロ止まりませんでした。この時がシローさんの生歌を聴く最初で最後になってしまったとは。

誰でもいつかは旅立つとはいえ、いざとなると悲しいものです。
本当にここ最近は葬儀への参列が増え、子供の頃から親しんできた芸能人や各業界でご活躍さ…

終戦記念日

今年は75回目の終戦記念日とのことで、ネットを開くと、例年に増して第二次世界大戦当時の記事を多く目にします。戦禍を潜り抜け、現在生存しておられる方は75歳以上、戦争の記憶があるのはもっと上の年代になるので、もう日本人の多くが戦争を知りません。ぎりぎり、私の親は80代半ばと戦争の記憶がある年代です。
父からは実家から疎開したことや東京大空襲後の焼け野原の様子を、母からは頭上を飛んでいく戦闘機B29や授業での竹槍訓練のことを、私が小学校の頃よく聞いていました。私自身は戦争はテレビや映画でしか見聞きしたことが無いので、話を聞いても何だか画面の向こうのような出来事です。空襲警報が鳴るたびに防空壕へ逃げ込んだり、不意打ちで爆弾が上から降ってきたり、もちろんバレエを踊るなんてことは出来る筈も無く、生きるか死ぬかの恐怖に怯える日々・・想像だにつきません。そう思うと、今のコロナ禍など、戦争体験の恐怖とは比べものにならないでしょうが、
平和ボケしている私達からすると、経験したことの無い恐怖の一つでもあり、いつまで続くか分からない不安が募ります。でも天国在住の母に聞いたら多分、「爆弾が降ってくるよりましでしょうが」と、サラッと返ってくることでしょう。少々不自由がありながらも、バレエが出来る世の中であることの自覚を持って、今やれることを一つ一つこなしていこうと思います。
さてと筋トレ筋トレ、、




誕生日

本日、誕生日を迎えました。
ジュリーのお誕生日は先月だったのでは?
と疑問に思ったでしょうが、本日は私の誕生日です(笑)

と、この歳になると自分から言い出すのも何だか恥ずかしく、、
でも精神年齢がまったくもって追い付いていません。

1年前、2年前の誕生日は何をしていたかなあと過去の記事を遡ってみると、
思わずニヤけてしまいます。当時も今もちっとも変ってない・・
変わったのは腹の肉の厚さと白髪の本数と(笑)

これまでの人生で経験したことの無い、世界中でのウィルス蔓延という厳しい状況下にも、
スタジオは辛うじて続けられています。
レッスンに来て下さる皆様には、本当に感謝しかありません。

秋には自身の舞台が待っています。
猛稽古が始まり、体の重さに泣かされ続けていますが、踊れるだけでも幸せです。
ケガだけは気を付けなければ。

無事に1つ歳を重ねられた自分へのお祝いに、
スタジオで一人ちびちびとプリンをいただいています。旨いっ
明日から減量減量、、(人生何回目?)


コロナ第二波の備え

緊急事態宣言が解除され、スタジオも6月から通常スケジュール再開、
何とか首の皮一枚繋がって続行です。

4月5月はほぼ休業に近い位の緩いスケジュールでしてきたので、
スケジュールを戻したのにあれっ体力が戻らないゾ・・うわ~~んっっ
ということを想定して、予め本日OFF日とさせていただきました(笑)

そうは言ってもスタジオに出勤はいつもと変わらず、家でお洗濯してきたカーテンを吊り下げ、
あとは窓拭きと床磨きが待っています。CDの整理もしたいしなぁ。
果たして今日はどれだけ実行出来るんやら・・?

とまぁ、ブツブツ日常が書き出せることのありがたみをこの2ケ月間嫌というほど思い知らされました。
それは東日本大震災の時もでしたが、今回は事情が異なり、再びのコロナ感染拡大を恐れながら、いつまだ続くか分からない制限付きの暮らしです。
ストレス溜まりますねー。上手く乗っかっていかねば。

バレエスタジオの運営という一事業をする身としては、常にあらゆる“万一”や最悪の事態を想定して対策をしておかねばなりません。リスクマネジメントというヤツですね。
今まで幾度となく危機がありましたが運良く交わし、そのまま対策をする余裕無く今に至っていたのが実際の所なのですけれど、今回ばかりはそうはいきません。

限りがある時間とお金。いやお金は全然無いの間違いか、、
何を残して何を捨てるかという選択、やり直しがきく歳でなくなってきているので、私でさえでも慎重になってきています。
でもこんな時だからこそ、コレと思ったことは一日も早く実現したくもなるのですね~
あの時こうすればよかった・・などと後悔だけは避けたいのです。最近の度重なる訃報でつくづく。

あれれ、リスクマネジメントやらは何処へ?やっぱり私には無理そうで。
行き当たりバッタになって飛んでけー!
昔取った杵柄はまったく使えず;(笑)


ゴダイゴ・浅野孝巳さんの訃報

昨日の浅野さんの急逝を知って、ただただ驚きというよりも、暫く事実を頭が受け付けられない状態でした。
68歳ギタリスト、まだまだご活躍のお歳です。

何で私が浅野さんのことを採り上げるのかと言うと、
実は、来年のスタジオ15周年記念にスタジオでのライブに来ていただく予定でした。
それもサプライズで、私が知ったのも昨日。
「あさいちライブ」の浅野さんの相方、ベーシスト・依知川さんが明かして下さり、もうダブルでショックです。

ゴダイゴといえば、『西遊記』のモンキーマジック、ガンダーラ、『銀河鉄道999』でおなじみ。
ビューティフルネームは紅白歌合戦に。小学校の頃、運動会で踊りました。
当時の振りを、いつか浅野さんの前でご披露したろ~なんて思っていたのに、もう叶うことはありません・・(そっちか⁈)

それに、今日は本当ならジュリーのツアー初日を迎える筈の日でした。
(ドタキャンでなくコロナ防止での中止です!)
ジュリーとゴダイゴは昔一緒にステージをされていたと聞いています。
どんな思いで今日を過ごされていたことでしょう。。

緊急事態宣言解除まであと少しです。
皆が心から笑うことの出来る日は、必ず来ます。

合掌。