スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

お披露目会準備始めました

我がスタジオでも、日頃のレッスンの成果をご披露する会を設けていて、
今回は久々、2016年から3年ぶりのお披露目会となります。

本番に向けての稽古は来月からになりますが、
先に、演目と音源、衣裳、振付、そして全体の演出を決めるにあたり、
既に本格的に動き出しています。暫くの間コソコソ夜なべが続きます。。

準備といえば、会場を押さえるのが本番の1年前、去年のうちに日程を決定していて、実質1年前からの準備になります。
会場押さえも最近は激戦、無事に押さえられるともう勝ち取った感満載です。

出演者全員分の衣裳も決まり、あとは踊りをどう仕上げていくか。
作り手として最もワクワクな時間です。そりゃもうスパルタですんで(笑)


令和元年

5月1日、令和が始まりました。

お~い もう5月も下旬だよ~!
と突っ込まれそうな遅遅アクションですが、私的にはいつもと変わらず、
1日も22日も5月やんっ、とマイペースでおります。

そしていつもの如く、何か偉そうなことをしたためとこ、なんて考えているうちに
あっという間に1ヶ月が経っていきます。
偉くもない人が偉そうなことを書こうとしても無理なんだからよしとけっ(笑)

ちなみに今日22日は同級生の親友Mちゃんのお誕生日、めでたく人生50周年。
令和元年と共に記念の年を迎えられて、何てラッキー!
私もすぐ後に続きますよー。無事に誕生日を迎えられますように。

たまに同級生同士でお茶を飲むと、会話の内容と言えば、家族の介護や老後などはとっくに通り越して自分達のお墓の話。
さすがにちょっと早い気もしますが、そろばんをはじくのが得意な商業科出身なので。。
ついこの間、何歳までに結婚して、苗字は○○になるんだー!(当時の憧れの人とか)なんてキャーキャーしながら話してたと思ったら、もう30年も前のことでした。
今から30年後は、果たして・・?

令和が、どの人も健康で幸せに過ごせますよう。

HPも模様替え

スタジオのホームページのリニューアル作業を去年の夏から始めて、
4月1日の新元号発表と共に、やーっとリニューアルオープンに漕ぎつけました。
今どきのエレガントなデザインでなく少し前のビジネスサイトの体裁になりましたが、これでも私の渾身の作です。大目に見てやって下さい(笑)

ページを作成していて、開設当時とHTMLの形式が随分変わっていて困りました。
そりゃ10年も経っていれば進化します。
タグを一つ一つ、「これはどういう画面表示になるんか」と調べながらの作業、暗号解きのような感じで時間がかかりました。

全ての内容を見渡しているうちに、自分はどいういった方向でスタジオを運営していきたいのか?という疑問がふつふつ湧いてきてですね、、
クラスの見直しをしつつ、自分の置かれている立ち位置を考えつつ。うーん。

と、去年の家の立ち退きに始まり、スタジオの隣のビルの取り壊しと、環境が次々と変化したことから、ついでにスタジオも模様替えしてしまおうと、今に至っています。
さて、どこまでリニューアルが進みますことやら。乞うご期待。

春です

今年も春がやって来ました。

外で浴びるぽかぽか暖かな日差しは、冬の「あー暖っかー!!」というのと違って、ほんわか暖かな気持ちにさせてくれます。

桜も開花を待つのみとなりました。
お散歩にはもってこいの季節ですね。ただ花粉症の方には厳しい季節でもありますが;
私は日頃埃の積もった家に住んでるせいか(←掃除しろ;)鼻が鍛えられて花粉症にならずです(笑)

そして毎年この時期はお散歩がマイブームなのですが、
お恥ずかしながら1ヶ月ほど前から足底筋膜炎が再発してしまい、
お散歩どころでなく、びっこを引きながら歩いて出勤の毎日です。結構きついぞー(笑)

ここだけの話、来月本番で踊る機会をいただき、稽古真っ只中だったのですが、
疲労に過体重と加齢も相まって、突如足にギブアップ宣言されてしまいました。

というのは言い訳であって、
筋トレ、バーレッスン、サボりました。。。。反省。

でも一度踊るぞと決めたステージです。 バレエでご飯を食べてる者の意地でもあります。
楽しみに本番を迎えますよ。何処で踊るかは、内緒。(笑)

一つ、過去にあったことを思い出しました。
ショップを出していた時、ご来所いただいたお客様との会話の中で、
「え!先生になっても練習なんてするんですか?」
と驚かれてしまったのですが、逆にその驚きに私もびっくりしてしまいました。
そりゃそうですよ。1日たりとも体を動かなかったら、その日から筋肉衰えてしまいますので。
ステージで踊っていなくても、人として、です。

こう書いている間にも、筋トレ・バーレッスンの時間は十分取れます。
今から挽回です。

挑戦し続ける人

先日無事、ジュリー(沢田研二さん)古希ツアー『OLD GUYS ROCK』の千秋楽を迎えました。
昨年7月6日にスタートして今年2月7日まで計67ステージ、完走です。
さいたまスーパーアリーナのドタキャン騒動で世間をお騒がせしましたが、その他はどこも満杯、千秋楽は完売の超満員に終わり安堵です。

今回のツアーは、ご本人にとってもファンにとっても、うんと緊張を強いるステージでした。
何たって、ステージに立っているのはギタリストのカズさんと2人だけ。
昔からずっとバンドサウンドに拘ってこられて、その演奏に慣れ親しんできた先輩ファンの方々には、初日はそれはそれは大きな衝撃でした。ステージ上の仕掛けは何も無し。ギターの音と歌声のみで勝負です。
前回50周年記念ツアーの最後に「この歳になって冒険がしたい」とバンドを解散。次はどんな編成になるんだろうねと、期待を膨らませていたのが、まさかの2人体制。釈然としないファンが少なくない中、ツアーは進んでいきました。

・・私?自分は音楽劇でのピアノ一本で歌うジュリーの歌声に一撃されてしまった派なので、2人っきりのステージと知った時には思わずニヤリ。じいちゃん、やったね!(先輩方、すんませんすんません;)冒険の始まりに立ち合えて嬉しかったです。

本当のところ、エレキの音での2時間のステージはどうなんだろうと心配でしたが、そんな素人考えは一度聴いたら見事に覆されました。それどころか、ギターと歌声が寄り添い、回を重ねるごとに研ぎ澄まされた新しい音がどんどん生まれ・・なんて、ギターの事など一つも知らないくせにすんませんすんません;

ツアーで歌ったのは、ジュリーの歌いたい曲。ヒット曲を沢山並べればそれなりに盛り上がるのでしょうけれど、そんな安易な道を選ばないのがジュリーです。いわゆるヒット曲は最初の「カサブランカ・ダンディ」とアンコールの「ヤマトより愛をこめて」の2曲のみ。
それなら途中でセットリスト変更するのでは?アリーナでは勿論違うバージョンだよね?などとといった声も挙がっていましたが、外野の声などに影響されるまでもなく、どの会場も同じセットリストで行われました。

時にはステージ上でカズさんへのダメ出し、歌い直しもしながら進化していきました。
ある回からは客席の大合唱も加わり、ドタキャン騒動直後はそれまでとガラリと変わった暖かな空気を感…