スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

吉田都さんのラスト公演

先週行ってまいりました、吉田都さん現役最後の公演。

新国立劇場、お席は4階にて。
演目は都さんならではのチョイスで、その中でもソロで踊られた『シンデレラ』『白鳥の湖~第4幕』は、どちらも深い表現力が必要。お見事な踊りに目を奪われっぱなしでした。
この日に限って双眼鏡を忘れたのが残念でなりません。10月にテレビ放送があるそうなので、そちらでじっくり観させていただきます。
(テレビが無いので、どうやって観るかが問題;笑)

夜のクラスに間に合わせるのに最後の演目を残して帰ってきましたが、
都さんの最後のステージが見届けられたことだけでも幸運でした。
来年は新国立劇場の芸術監督になられ、最初に手掛ける作品は「白鳥の湖」とのこと。
楽しみですね。

舞台を退いた都さんとそう歳が変わらない自分、
そもそもレベルも鍛え方も天と地以上に違うことを逆手に、機会がありさえすれば今後もこっそり舞台に立てせていただくつもりでいる訳ですが、
体はそうは思い通りにさせてくれない、ということを前提に、踊れることを心から楽しめたらいいなあと思います。


人生半世紀を迎えました

本日、50回目の誕生日を迎えることが出来ました。
おめでとー!ありがとー! パチパチっ

自分へのプレゼントに、午後から休業させていただきまして、
プチ遠出をしてまいりました。
銚子電鉄の電車ライブへ。面白かったです。
本当に電車の中での演奏です。揺れるので演奏するのが大変だったかと。
そんなことは微塵も感じさせないプロのパフォーマンスを観せていただきました。
誕生日の日付の入ったチケットは記念に保管します。




この歳になるまでバレエを、それもスタジオを運営しているとは想像もつきませんでした。
でも今や大人バレエの世界では年齢など関係無い。エンドレスです。
いつまで、どこまでやるのかは、自分との闘いになるでしょうか。

明日からまた初心に戻ってスタートです。


お披露目会準備始めました

我がスタジオでも、日頃のレッスンの成果をご披露する会を設けていて、
今回は久々、2016年から3年ぶりのお披露目会となります。

本番に向けての稽古は来月からになりますが、
先に、演目と音源、衣裳、振付、そして全体の演出を決めるにあたり、
既に本格的に動き出しています。暫くの間コソコソ夜なべが続きます。。

準備といえば、会場を押さえるのが本番の1年前、去年のうちに日程を決定していて、実質1年前からの準備になります。
会場押さえも最近は激戦、無事に押さえられるともう勝ち取った感満載です。

出演者全員分の衣裳も決まり、あとは踊りをどう仕上げていくか。
作り手として最もワクワクな時間です。そりゃもうスパルタですんで(笑)


令和元年

5月1日、令和が始まりました。

お~い もう5月も下旬だよ~!
と突っ込まれそうな遅遅アクションですが、私的にはいつもと変わらず、
1日も22日も5月やんっ、とマイペースでおります。

そしていつもの如く、何か偉そうなことをしたためとこ、なんて考えているうちに
あっという間に1ヶ月が経っていきます。
偉くもない人が偉そうなことを書こうとしても無理なんだからよしとけっ(笑)

ちなみに今日22日は同級生の親友Mちゃんのお誕生日、めでたく人生50周年。
令和元年と共に記念の年を迎えられて、何てラッキー!
私もすぐ後に続きますよー。無事に誕生日を迎えられますように。

たまに同級生同士でお茶を飲むと、会話の内容と言えば、家族の介護や老後などはとっくに通り越して自分達のお墓の話。
さすがにちょっと早い気もしますが、そろばんをはじくのが得意な商業科出身なので。。
ついこの間、何歳までに結婚して、苗字は○○になるんだー!(当時の憧れの人とか)なんてキャーキャーしながら話してたと思ったら、もう30年も前のことでした。
今から30年後は、果たして・・?

令和が、どの人も健康で幸せに過ごせますよう。

HPも模様替え

スタジオのホームページのリニューアル作業を去年の夏から始めて、
4月1日の新元号発表と共に、やーっとリニューアルオープンに漕ぎつけました。
今どきのエレガントなデザインでなく少し前のビジネスサイトの体裁になりましたが、これでも私の渾身の作です。大目に見てやって下さい(笑)

ページを作成していて、開設当時とHTMLの形式が随分変わっていて困りました。
そりゃ10年も経っていれば進化します。
タグを一つ一つ、「これはどういう画面表示になるんか」と調べながらの作業、暗号解きのような感じで時間がかかりました。

全ての内容を見渡しているうちに、自分はどいういった方向でスタジオを運営していきたいのか?という疑問がふつふつ湧いてきてですね、、
クラスの見直しをしつつ、自分の置かれている立ち位置を考えつつ。うーん。

と、去年の家の立ち退きに始まり、スタジオの隣のビルの取り壊しと、環境が次々と変化したことから、ついでにスタジオも模様替えしてしまおうと、今に至っています。
さて、どこまでリニューアルが進みますことやら。乞うご期待。