スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

挑戦し続ける人

先日無事、ジュリー(沢田研二さん)古希ツアー『OLD GUYS ROCK』の千秋楽を迎えました。
昨年7月6日にスタートして今年2月7日まで計67ステージ、完走です。
さいたまスーパーアリーナのドタキャン騒動で世間をお騒がせしましたが、その他はどこも満杯、千秋楽は完売の超満員に終わり安堵です。

今回のツアーは、ご本人にとってもファンにとっても、うんと緊張を強いるステージでした。
何たって、ステージに立っているのはギタリストのカズさんと2人だけ。
昔からずっとバンドサウンドに拘ってこられて、その演奏に慣れ親しんできた先輩ファンの方々には、初日はそれはそれは大きな衝撃でした。ステージ上の仕掛けは何も無し。ギターの音と歌声のみで勝負です。
前回50周年記念ツアーの最後に「この歳になって冒険がしたい」とバンドを解散。次はどんな編成になるんだろうねと、期待を膨らませていたのが、まさかの2人体制。釈然としないファンが少なくない中、ツアーは進んでいきました。

・・私?自分は音楽劇でのピアノ一本で歌うジュリーの歌声に一撃されてしまった派なので、2人っきりのステージと知った時には思わずニヤリ。じいちゃん、やったね!(先輩方、すんませんすんません;)冒険の始まりに立ち合えて嬉しかったです。

本当のところ、エレキの音での2時間のステージはどうなんだろうと心配でしたが、そんな素人考えは一度聴いたら見事に覆されました。それどころか、ギターと歌声が寄り添い、回を重ねるごとに研ぎ澄まされた新しい音がどんどん生まれ・・なんて、ギターの事など一つも知らないくせにすんませんすんません;

ツアーで歌ったのは、ジュリーの歌いたい曲。ヒット曲を沢山並べればそれなりに盛り上がるのでしょうけれど、そんな安易な道を選ばないのがジュリーです。いわゆるヒット曲は最初の「カサブランカ・ダンディ」とアンコールの「ヤマトより愛をこめて」の2曲のみ。
それなら途中でセットリスト変更するのでは?アリーナでは勿論違うバージョンだよね?などとといった声も挙がっていましたが、外野の声などに影響されるまでもなく、どの会場も同じセットリストで行われました。

時にはステージ上でカズさんへのダメ出し、歌い直しもしながら進化していきました。
ある回からは客席の大合唱も加わり、ドタキャン騒動直後はそれまでとガラリと変わった暖かな空気を感…

吉田都さん 引退

2月になりました。
世間は嵐の活動休止で騒がれている中、バレエ界では吉田都さんの引退のニュース。

いつかは訪れる人生の転換期。
休止の・・引退の・・とは言っても、歩んできた道をバッサリ断ってしまわれるのではありません。
これから先、どんなご活躍ぶりが見られるか楽しみです。

とはいえ、平成の終わりに、ラスト40代の私にとっても大きな出来事です。



特別レッスン・ストレッチーズ

あけましておめでとうございます。
と言うにはちょっと恥ずかしい位、年が明けてから日が経っていますが、
改めまして、今年も宜しくお願いいたします。

いよいよ週末の武道館・・いやいや、新春スペシャルレッスンに向けて、
気合いを入れて準備しております。

ストレッチーズという布を使ってのエクササイズをします。
ラックの上に鎮座している、グリーンおよびネイビーの布です。
現在『50代からのバレエ塾』以外の通常クラスでは暫く行っていなくて、今回は久々です。

がむしゃらにならず心地良さを第一に、エクササイズのサポートをしてくれるツール、
スモールボールと共に、これだ!と見付けたのが、このストレッチーズです。
欲張りにも、今回両方とも使います。
この時間、私も楽しみますよー。

2018年が終わります

何なんでしょうねー
年々、日が経つのが早くなり、走っても走っても時間に追いつかん!
と思うことが多くなりました。

スケジュール詰め過ぎでない?と周りから言われることもしばしばあるのですが、
そもそも自営業に休むなどという言葉は無い!
・・まぁタダの自転車操業です。でも最近は上手いこと休んでます(笑)

昨日、1年の締めくくりレッスンが終了し、 ホッと安堵と共に思わず涙。
お陰さまで今年も無事に続けられました。
感謝しかありません。誰も来なかったらスタジオは続けられないので。

そのスタジオも来年で丸13年、随分と古びてきました。
少しずつ修繕工事が入り、プチ・リニューアル中です。
ドアを開けたら、わぁ素敵!と、
テンションが上がるようなスタジオにしていきたいですが、
まずは片付けですね・・

そして来年、いよいよ自身の生誕半世紀です。
それまでに新しいことをしておこうと、秋から和太鼓を始めました。
日頃は洋モノばかりをしていて、ここ数年前から和のものが無性にしたくなりました。
実際に太鼓を始めてみて、改めてバレエを見てみると、何と新鮮なこと!
始めてみて良かったです。

今年は悲しい出来事、びっくりするような出来事もいつも以上にあったように思えます。
来年は笑うことの多い年になりますように。
眉間のシワが深くなりませんように。。

良いお年をお迎え下さいませ。

じいちゃんがお騒がせしました

だいぶ世間も落ち着いてきたので、ぼちぼち書こうと思います。
1ヵ月前の『さいたまスーパーアリーナ』のジュリー=沢田研二さんのドタキャン騒動についてです。

今回66公演のツアーで一番大きな会場『さいたまスーパーアリーナ』での当日、お客さんが少ないとのことで開演直前に中止。
あっという間に日本中に知れ渡り、テレビを賑わせたのは周知の通りです。

翌日、ご本人自らテレビカメラの前で謝罪をしました。
あのマスコミ嫌いなジュリーが?!と、当のマスコミは大慌て。その後ジュリーに群がる報道陣の増えること増えること。。

7年目ファンとしては、久々にテレビに出て下さって嬉しかったし、今回の一件、納得がいきました。
引越しの時にテレビを処分してしまったので、ガラケーの小さな画面で食い入るように見続けていたら、一週間首が痛痛・・(苦笑)

ドタキャンをした、というのは事実なので弁解のしようもないのですけれど、
お客さんが少なかったこと自体が問題だったのではなく、イベンター側から事前に聞いていた人数と実態とがあまりに異なり、それでは約束が違うと、筋を通し中止を決めました。

当日のお客さんは9000人と聞いていたのが実際は7000人。大して変わらないじゃん、と思われるでしょうが、会場全体の雰囲気をイメージし、全エネルギーを集中してステージに臨もうとしたら客席がスカスカでは、エー!!どういうこと!!??と、面食らってしまいます。
唖然している中で、こんなんなっちゃったけどまぁ頑張ってくれやと言われても・・演者の方なら分かりますよね。

――うん、ジュリー、間違ってません。確かに頑固じじーですが。

50年もの間芸能界で生き、戦ってきた方です。
一般人には想像もつかない苦労をされてきた筈。
プロ失格、などという批判も耳に入りますが、
少なくとも相応なキャリアを持っている者でなければ口に出来ないことです。

実は10数年前にも、ドタキャン歴があります。
ファンになって間もない頃、あるサイトに、ジュリーが中止にした“真相”が書かれているのを見付けました。
「若いアーティストが今後泣く羽目にならないよう、業界の悪習慣を断ち切りたかった」と。
私、ジュリーのファンで居続けよう!と心に決めた一幕でした。

今回大きな損害を自ら抱えることで業界に喝を入れる形になりました。イベンターさん、どんなに震え上がったことでし…