スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2019の投稿を表示しています

挑戦し続ける人

先日無事、ジュリー(沢田研二さん)古希ツアー『OLD GUYS ROCK』の千秋楽を迎えました。
昨年7月6日にスタートして今年2月7日まで計67ステージ、完走です。
さいたまスーパーアリーナのドタキャン騒動で世間をお騒がせしましたが、その他はどこも満杯、千秋楽は完売の超満員に終わり安堵です。

今回のツアーは、ご本人にとってもファンにとっても、うんと緊張を強いるステージでした。
何たって、ステージに立っているのはギタリストのカズさんと2人だけ。
昔からずっとバンドサウンドに拘ってこられて、その演奏に慣れ親しんできた先輩ファンの方々には、初日はそれはそれは大きな衝撃でした。ステージ上の仕掛けは何も無し。ギターの音と歌声のみで勝負です。
前回50周年記念ツアーの最後に「この歳になって冒険がしたい」とバンドを解散。次はどんな編成になるんだろうねと、期待を膨らませていたのが、まさかの2人体制。釈然としないファンが少なくない中、ツアーは進んでいきました。

・・私?自分は音楽劇でのピアノ一本で歌うジュリーの歌声に一撃されてしまった派なので、2人っきりのステージと知った時には思わずニヤリ。じいちゃん、やったね!(先輩方、すんませんすんません;)冒険の始まりに立ち合えて嬉しかったです。

本当のところ、エレキの音での2時間のステージはどうなんだろうと心配でしたが、そんな素人考えは一度聴いたら見事に覆されました。それどころか、ギターと歌声が寄り添い、回を重ねるごとに研ぎ澄まされた新しい音がどんどん生まれ・・なんて、ギターの事など一つも知らないくせにすんませんすんません;

ツアーで歌ったのは、ジュリーの歌いたい曲。ヒット曲を沢山並べればそれなりに盛り上がるのでしょうけれど、そんな安易な道を選ばないのがジュリーです。いわゆるヒット曲は最初の「カサブランカ・ダンディ」とアンコールの「ヤマトより愛をこめて」の2曲のみ。
それなら途中でセットリスト変更するのでは?アリーナでは勿論違うバージョンだよね?などとといった声も挙がっていましたが、外野の声などに影響されるまでもなく、どの会場も同じセットリストで行われました。

時にはステージ上でカズさんへのダメ出し、歌い直しもしながら進化していきました。
ある回からは客席の大合唱も加わり、ドタキャン騒動直後はそれまでとガラリと変わった暖かな空気を感…

吉田都さん 引退

2月になりました。
世間は嵐の活動休止で騒がれている中、バレエ界では吉田都さんの引退のニュース。

いつかは訪れる人生の転換期。
休止の・・引退の・・とは言っても、歩んできた道をバッサリ断ってしまわれるのではありません。
これから先、どんなご活躍ぶりが見られるか楽しみです。

とはいえ、平成の終わりに、ラスト40代の私にとっても大きな出来事です。